So-net無料ブログ作成
検索選択

キャッシング ブラックOK 保存 

信用情報機関という所があるのですが、そこには氏名や住所などの個人情報の他にキャッシングの利用履歴や事故情報などが保存されています。

信用情報機関に加盟している会社はこれらの情報を自由に確認できるようになっているのですが、事故情報が保存されている場合にそれが審査に大きな影響を与える事が多いです。



金融や銀行などが加盟しているようですが、審査に際に確認する事が多くブラックだという事を確認したらその時点で審査通過ができない所が多いです。

事故情報があるという事は信用がない人という事でブラック扱いされてしまうので、事故情報がある限りはキャッシングなどの審査通過は厳しくなります。

申し込みをしても思うように審査通過できない場合が多いと思いますが、ブラックである以上仕方のない事だと思うしかありません。

キャッシングの利用をしたいのであれば時効を待つかブラックに対応しているキャッシングを利用するしかないと思います。



時効なら完済からカウントが始まるので、完済や取引をまず完了させる必要があり…完了すれば時効のカウントが始まります。

時効期間は事故内容によって異なりますが、最長10年のようなので、10年待てばブラックは解除され再びキャッシングの利用も可能となります。

そこまで待てないという場合にはブラックにも対応している所を利用してキャッシングを利用するしかありません。



ブラックに対応していると言っても違法業者ではなく正規業者です、違法業者は危険だと言われているので利用する場合は必ず正規業者を利用するようにしましょう。

正規業者でもブラックOKなキャッシングは沢山あるので、借りれる所を探している人はブラックOKな正規業者で申込む事をオススメします。

ブラックOKの正規業者というのが、中小になります。

中小キャッシングなら過去の信用を気にせず現状で審査を行ってくれるのでブラックに対応している所も沢山あります。

実際にブラックでもOKだった人は沢山いるので、利用した事がないなら申込をしてみると良いでしょう。

意外とブラックOKなキャッシングが多いので、利用できる所が見つかる可能性は高いです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。